美容室の本音とは?お客の方からも気を配ろう

美容室でカットをしてもらう際、誰しもその仕上がりは気になります。
無論より充実したサービスを受けて、気持ちよく髪型をスタイリングして貰いたいもの。
美容師さんはプロですが、その前に同じ一人の人間です。
良いお客様と思われれば、自然とサービスの質も向上するはず。

a0001_008101
お客様の方から出来る、さりげない気配りってなんでしょうか。
お客様の立場に胡坐をかいて、横柄な態度をとるなどは論外ですが、意外なところでうっかり美容師さんに迷惑がられているケースもあります。
たとえば、オーダーがあまりにノープランである事。
お客様はあくまで素人ですから仕方ないとも言えますが、やはりまったくのお任せでは美容師さんも戸惑います。
イメージを作りにくく、本当に仕上がりが気に入って貰えるか分からないからです。
出来れば写真を見せたり、具体的な髪型を相談するなど、仕上がりのイメージ作りを手伝ってあげましょう。
また意外な盲点なのが、シャンプー時です。
美容室ってどんなものなの?
頭を持ち上げられたりするので、ついつい自分で頭を持ち上げてしまった事はありませんか?
実はこれ、首に変な力が入って、シャンプーがしにくいのだそう。
http://xn--wbttb061keb092h.com/
また、美容室は仰向けでシャンプーをするので、不用意に頭を持ち上げられると、首筋をお湯で濡らしてしまいかねないのだそうです。
その他色々とありますが、さりげない会話の中から、美容師さんが仕事をしやすいように協力できるコツjを、どんどん探してみてください。

Comments are closed.